逸失利益と後遺障害慰謝料は後遺障害等級が重要

自賠責保険は被害者保護が強いのですが、自動車保険は民間の保険ですのでシビアにチェックされることになります。もちろん、特約等をつけることによって過失に関わりなく支払いが行われる商品も出ています。自賠責保険と過失相殺の関係ですが、被害者保護の観点から被害者の過失が7割未満の場合減額はありません。

但し、過失の度合いにより以後3段階に分かれており、7割以上8割未満で2割減額、8割以上9割未満で3割減額、9割以上の過失が認められるときは5割減額の基準があります。一方、任意保険と過失相殺についてですが、まずは、事故の当事者の加入している自動車保険会社のやり取りになり、全部で10割になるようにお互いの過失割合を決めていきます。基本、大型車が不利で原付等の交通弱者が保護される傾向にはありますが、自賠責ほど過剰に保護はしてもらえません。

bill

交通ルールをきちんと守っているほうが、また、より安全に注意していたほうが過失が少なく判定され相殺の概念はありません。過失相殺の範囲が異なる点では、上記の通り、傷害を負った場合で治療費もろもろ200万円かかったとします。その際被害者に過失が20%あったと仮定すると自賠責部分は過失相殺がありませんので限度額120万円までは100%でます。しかし、自動車保険では20%の過失により40万円が相殺されますので自賠責と合わせて160万円が支払われることになります。

過失割合で賠償金が大きくかわります。そしてそれは、弁護士が過去の判例を調べたり、法的な主張で獲得するものです。任意保険に弁護士費用特約というものがついていれば、弁護士に無料で依頼できます。弁護士に依頼すると、賠償金が大きく増えるケースが多いです。

もしあなたが交通事故被害者であれば、是非一度ここのような交通事故弁護士に依頼すると良いでしょう。

PAGETOP